本文へスキップ

このクラブならこんだけ飛ばせるな、と知るべきです。

『ゴルフクラブの種類と飛距離』は、 平日にゴルフをやったことのない人にもわかりやすく、 このクラブなら何ヤード飛ばせるのか、ドライバーだと何ヤードなのか、 といったゴルフクラブと飛距離に関するあらゆる情報を紹介します。

ゴルフをやる人なら、誰もが飛距離を伸ばしたいと考えていると思います。
飛距離とドライバーには深い因果関係がありますので、多少お金をかけてもかまわない、と高価なドライバーを購入する方もいらっしゃるかもしれませんね。このサイトでは ゴルフクラブの種類を紹介しながら飛距離についても解説しますので、参考になれば幸いです。
それでも道具だけではなく、自分の体力にも目を向けることを忘れずに。 日ごろから歩くことを意識したり、スポーツクラブなどで基礎体力をつけると飛距離アップにもつながるはずです。

ゴルフクラブ

大まかに分けるだけでもゴルフクラブは何種類かがありますが、細かく正確に 分類するともっとたくさんの種類に膨れ上がります。 飛距離を求められるドライバー、カップインを任せられるパター、グリーン上に ボールを運ぶアイアン、バンカーから脱出するためのサンドウェッジ、と素人が 知っていそうな分だけでもこんなにあります。 ゴルフをプレイするのならそれぞれの役割やおよその飛距離を把握していないと 順調にはいきませんので、ここではそういったことを解説しようと思います。


ホリデイスポーツクラブ大分店
遊ぶ、楽しむフィットネス。初心者対象のスポーツジムです。
大分県大分市王子北町5-3 ※大型無料駐車場完備。
お問合せTEL:097-535-1777
http://www.holiday-sc.jp/shops/026-oita/

ウッドクラブ

ラウンド開始ののろしをあげるウッドクラブは、飛距離を求めるケースで多用 されるパワフルなイメージを持つクラブです。 男性ゴルファーの70%以上がその日ゴルフ場での第一打のティーショットで ドライバーを使うとの調査結果もありますし、女性もこれに近い割合で1番ウッド を握ってプレイされます。 一番ホール以外でもティーショットではウッドクラブを使用するのが現代ゴルフ のセオリーですし、遠くへ飛ばすとっても重要な役割を持っているのです。


アイアン

ウッドクラブが距離を稼ぐのに対して、アイアンはグリーンの上にボールを 乗せることが主な使命になっています。 多くの距離を出すことよりも狙った距離でピタリと止めることが求められるため、 番手を使い分けることがウッドよりも重要になるでしょう。 自分が使ったら何ヤードの飛距離になるか、これを把握して使いこなすことが できるようになればもう上級者の仲間入りです。 アイアインは大きく3つにわけられ、飛距離が長いのはロングアイアン、普通の はミドルアイアン、短いのはショートアイアンになります。


ウェッジ

ウェッジもアイアンの仲間ですが役割を考えると分けて説明したほうがよいですし、 このページで解説することにしましょう。 アイアンはグリーンに乗せることを目標としていますがウェッジは更にその先、 ピンを目指してショットするのに使われます。 飛距離はそんなに出ませんがロフト角が大きいので、高い軌道を描きたい時にも つい使いたくなってしまいます。 もう一度いいますが飛距離はドライバーにも、普通のアイアンにも劣ります。


バナースペース