本文へスキップ

このクラブならこんだけ飛ばせるな、と知るべきです。

アイアン

ロングアイアン

アイアン 写真

ロングアイアンのトップバッターである1番アイアンは、アイアンの中では最強の 飛距離を誇りドライビングアイアンという呼び方をされることもあります。 200ヤード飛ばすことも珍しくなく、さすがトップバッターだけのことはある と感心させられますがあまり出番はやってこない不遇なクラブでもあります。 扱いがちょっと難しいですし飛距離が欲しければウッドを使ったほうがいいので、 プロでも試合では滅多に使わないようです。 200ヤード飛ばしたければ3番ウッドのスプーンを使用すればいいですし、 1番アイアンはなくても構わないと考えるゴルファーはプロアマ問わず大勢います から、ゴルフ用品店でしか触ったことの無い人がほとんどかもしれません。 2番アイアンも1番と同じ境遇を分かち合う、出番が少ないクラブになります。 ミッドアイアンという呼び方もなんとなく中途半端に感じられ、所有することを 真剣に考えなくてもいいんじゃないかと思わせる残念さも醸し出しています。 ロングアイアンの中で一番使用率が高いのは3番で、クラブセットに最初から 含まれていることがほとんどなので持っている人が大半だと思いますが、扱いは 簡単ではありませんので滅多に使わないかもしれません。 なぜかミッドラッシー、ミッドマッシーと呼ばれることがあり、1番や2番の ようにアイアンが含まれないのがちょっと変わっています。 この3種類がロングアイアンに分類されます。



ミドルアイアン

4・5・6と数字の中心部にある3つの番手がミドルアイアンになります。 4番アイアンは170ヤードの飛距離が目安になるので、このあたりからウッド ではなくアイアンを使う気になるためロングアイアンよりも使用頻度が上がる、 わりと活躍するクラブになります。 一番の人気者は160ヤード飛ばせる5番アイアンで、初心者からアマチュアまで 幅広い層に支持されています。 ゴルフ場で「ミドルアイアンの中でどれがお気に入りですか?」と質問すれば、 3割以上の方が「5番だね」と答えるでしょう。 ゴルフ用品店で同じことを聞いても、地下鉄のホームで同じことを聞いても 返ってくる答はそう変わりません。 また5番アイアンは別名マッシーと呼ばれる、まさにマッシーの中心的存在です。 4番アイアンはマッシーアイアン、6番アイアンはスペードマッシーなので、 5番こそがマッシーオブマッシーでしょう。 マッシーという呼び方をされて嬉しいかどうかは本人に確認しなければ分からない ですが、みなさんはマッシーというアダナを付けられたら喜ぶでしょうか。 日本人でもこう呼ばれる人はいますが、よく考えるとそんなにかっこいいアダナ でもありませんしちょっと複雑な気分にさせられてしまいます。 本名に「マ」が含まれている人なら受け入れることが可能でしょうが、吉田佐吉 という名前ならヨッシーこそが相応しいアダナでマッシーはちょっと違います。



ショートアイアン

7番から9番アイアンまではショートアイアンに分類され、飛距離はそんなに 出ませんが上達すればポンポングリーンに乗せることが出来るようになる素敵な クラブなので誰もが重宝します。 稼働率が高いのはなんといっても7番アイアンで、これさえあれば8番と9番は なくてもいい、そう言い切るゴルファーもいます。 7番アイアンの飛距離がおよそ140ヤードなので、調整して打てるようになれば たいていの難局や普通の展開をそつなく乗り切ることができるでしょう。 初心者をコーチする立場の人も、アイアンの中ではまず7番を練習するように 弟子に助言を与えるのが当たり前のようになっています。 これをある程度覚えてから他のクラブを練習する、というのがレッスンの流れと して定着してから長いそうです。 なぜかは詳しく知りませんが、使用する場面が多いからそうなったと考えるのが 妥当ですしきっとそうなのでしょう。 そんな愛されている7番アイアンはマッシーニブリックとも呼ばれていますが、 ここまでマッシーを引っ張るのかと初めて聞いたら驚くかもしれません。 8番アイアンはピッチングニブリックで、ようやくマッシーの呪縛から開放され 9番アイアンはニブリックになります。 この3本がショートアイアンを構成する面々です。



バナースペース