本文へスキップ

このクラブならこんだけ飛ばせるな、と知るべきです。

ゴルフクラブ

クラブに振られている番号

ゴルフクラブ 写真

多少のゴルフの知識を有している人ならクラブには数字が付いていることに 気が付くかと思われますが、注意力が不足気味だとこれに注意が向きません。 この番号はなんなのか、それは同じアイアンやウッドでも性能が異なる物を数種類 持ち歩くので、区別しやすいよう性能ごとに番手がついているのです。 ウッドにもドライバーの愛称で御馴染みの1番ウッドだけでなく、2番ウッドや 3番ウッド、さらには5番ウッドまでもがあります。 アイアンにも1番アイアンから9番アイアンまでがあり、それぞれ飛距離が違う ので目標までのヤード数によって使い分けるのです。 番号の数字は少ないほど飛距離アップし、多ければダウンします。 これは数字が大きいほどシャフトが短く、フェースの角度が大きいからです。 距離は出ないけど高さのある打球をショットしたければ、数字の大きいクラブを使用 するのが正解になるのです。 ゴルフコースには様々な障害物があり、また風も吹いていますので飛距離だけを 考えてクラブ選びをしてはいけません。 グリーンまでのヤード数からだとこのクラブを使う計算になるけど高い打球で ないと木にぶつかりそうだ、というケースでは、飛距離を犠牲にして番号の 大きなクラブを使用し、確実に障害物をクリアする作戦も有効になります。 このようにクラブ選びは奥が深いのです。



ウッドの飛距離

ドライバー、つまり1番ウッドの飛距離の目安は、中級の普通の男性なら230 ヤード、女性なら180ヤードが平均的な数字になるでしょう。 男性でも非力な人なら200ヤード、怪力の持ち主なら260ヤードと幅はあり ますが、一応の目安として覚えておくとラウンドする時に役立ちます。 2番ウッドもなかなか飛び、220ヤードとドライバー比べてもそう遜色の無い 飛距離で女性ならこれより50ヤード少ない感じになります。 3番ウッドだと215ヤード、パワー不足の男性だと180ヤードですが、パワー 溢れる男性なら210ヤードはいけるでしょう。 女性ならやはり50ヤードほど差し引いて160ヤードが目安になります。 4番ウッドは210ヤード、女性だと150ヤードで、5番ウッドは195ヤード、 女性の場合は140ヤードとなるでしょう。 このようにわりと細かく飛距離も変化していくので、全てのウッドを完璧に使い 分けることをアマチュアゴルファーに求める人はおりません。 約5ヤード控えめな飛距離を出したいから3番ウッドのスプーンではなく4番を 使おう、とはしないで、たいていの人は3番ウッドで5ヤード分力を抜いて 距離を出さないようなショットをするのです。 そうやって使うクラブの種類を減らせばその分荷物も軽くなるというメリットも ありますし、ゴルフを始めたての初心者なら用具の予算も減らせます。


アイアンの飛距離

アイアンには1番から9番までありますが、ウッド同様9種類を活用する必要は 全くなく得意な数本だけを使いこなせれば充分でしょう。 1番アイアンは200ヤードの飛距離が一般男性の平均で、女性なら150ヤード が標準的な数字になります。 男性でも腕が細ければ170ヤード、太ければ210ヤードとブレはありますが、 それはどのクラブでも同じですのでお気になさらずに。 2番アイアンの飛距離は190ヤードで女性なら140ヤード、3番アイアンなら 男性で180ヤード、女の子で130ヤードになります。 4番アイアンは170ヤード、男子よりも筋力の劣る女性は120ヤードとなり、 5番アイアンなら160ヤードと110ヤードになります。 このように番手の数字が大きくなると10ヤード飛距離が下がっていき、9番の アイアンでは男性が120ヤード、女性は70ヤードとなります。 これだけ細かく分かれているので9種類を完璧に使い分けられれば物凄くプロっぽい のですが、そんなにたくさん持ち歩きたくないというのが正直なところでしょう。 1段階くらい番手が違ってもグリーンまでの距離に適応させることは難しくは ありませんし、上手に扱える番手のクラブを数本用意すれば不自由なくホールを 回ることができるのです。 それにクラブも安くはありませんし、何本か削ることができれば嬉しいです。



バナースペース